私は持病で薬を飲んでいるのですがほとんど布団生活で何も出来ない日が2ヶ月続きました。思うように動けなくなってみて思った事は高齢者はどんどん自分で出来る事が減ってしまってこういう風に諦めたり悟ったりして静かに過ごしているのかなと思いました。急に精神的に辛くなってしまう時はもう今日は何も出来ないから諦めようと思って布団で寝ていました。出来ないのが辛いと思うばかりだと余計にストレスがたまってしまって良くないんだなと思いました。正直この生活がいつまで続くのかと不安で一杯でした。時間が解決してくれる事もあってその流れに身を任してみたらぐっと楽になりました。私は認める事が何でも苦手なんだなと思いました。諦めの悪い所は直していかないといけないなと思いました。出来る事を少しずつやっていく事で自信がわいてきて少しずつ動けるようになりました。多くの事を求めている時は何をやってもうまくいかないものだなと思いました。http://indexmasher.com/ginkou/