少し前までお風呂上りに背中がカサカサと乾燥してしまって、少し肌荒れを起こしていました。
私の悪いクセで、お風呂上りや寝る前など、比較的薄着でいるときに、ついつい背中が気になってしまって爪で引っかいてしまうんですよね。
そのせいで、肌荒れがよけいにひどくなってしまっていたりした時期があったりしました。
しばらくはしっかりと背中を保湿したり、ごしごしと刺激を与えるような洗い方をしないようにと、集中してケアをしていました。
その甲斐があってか、だいぶ症状が落ち着いてきていたのだが、こういうときの油断というのは禁物のようです。
というのも、少し状態がよくなってきたからとお風呂上りの保湿を怠っていたところ、また痒みや肌荒れがぶり返してしまいました。
せっかく治りかけていたのに、また荒れてしまって、もう何とも言えないような途方に暮れるような気分になってしまいました。
やっぱり普段からの保湿が、外部からの刺激を抑えたりするのに働いているのでしょう。
時間もかかるし少し面倒くさく感じられてしまいますが、毎日の保湿というのが大切なんだなというのを痛感させられました。