最近思い出の残し方について考えさせられることがある。多様化してきた思い出の残し方。アナログな写真や電子媒体としての残し方。最近ではフォトブックという残し方いろいろある。どんな残し方が良いのだろうと考える。写真といってもただのL版サイズで残すのは普通過ぎる。そんな中見つけたのがチェキ。いわゆるインスタントカメラ。このレトロさが逆に新鮮。まあ、取り直しのきかない所が唯一の弱点化と思っていた矢先にスマホの写真をチェキとして印刷できる機械があると知る。これなら、スノウで可愛く加工した写真もチェキに出来るではないか。しかも、フィルムさえ買えばモノクロで残す事も出来るとか。なかなか物欲を沸かせてくれる商品に出会ったと思った。が、ちょっと価格が強気過ぎないか。簡単に手の届くお値段ではないな。少しの間考えないと。フォトブックもカメラ屋さんで出来るとか。ネットにアップロードして注文すればわざわざお店に行かなくてもいいのね。でも、一番は自分の心の中に残す事かなと思った今日この頃。