お昼に食べる冷や麦を、めちゃ美味しくする方法

一瞬秋の気配を感じたけど、まだまだ暑い日も多いです。そんなわけで動きが鈍くなってしまうわけで、お昼は必然と簡単なものがいい!ということになるわけです。まーうちの親父さんはうどんが大好きなので、茹でるだけのうどん大歓迎!うどん率はかなり高いわけです。幸い、先日親戚でもらってきた冷や麦が箱ごとどーんとあるわけです。茹で時間約5分、いただく時間も約5分!いつも早すぎなのです。笑 そんな冷や麦を茹でる短い時間に、ある疑問がふつふつと目を冷ましたわけです。でもこの疑問は、そーとー昔に解決済みと思われるのですが、念のためにネットで調べ、確認です。その疑問とは、冷や麦とそうめんの違いです。違いは太さのようです。長径1.3ミリメートル未満が「そうめん」で1.3ミリメートル以上1.7ミリメートル未満が「冷や麦」です。我が家の場合いつも夏はそうめんですが、今年は、冷や麦です。このそうめんよりちょっと太いところが、うどんをガツンと食べている実感もわいて、冷や麦のファンになりました。そしてさらに美味しくいただくために、揚げ玉をトッピングしています。スーパーで何気なく買ったシマダヤさんのお安い揚げ玉です。この揚げ玉が、薬味のネギ、めんつゆ、冷や麦にそーとーマッチングし、いつもの冷や麦がめちゃ美味しくなったのです。これ以来、食事時間がさらに短縮されたわけです。aiful キャッシング